大学に出会いはないは嘘? 大学内恋愛で結婚した私の体験談

恋愛 for 女子大学生

「出会いないな〜」が口癖の私の友人。
かという私も同じように感じていた、大学一年生の頃。


元彼と別れてもう半年が経とうとしているのに、
次の出会いがない私は内心焦っていました。


大学は共学で、男友達も普通に居るのに、
なぜか恋愛に発展していかない普通の毎日に、
なんだかモヤモヤしていました。

この記事を読んでいるあなたも、
きっと同じように感じているのではないでしょうか。


こう感じていた大学一年生の頃の私ですが、実は二年生になった頃、
大学内で彼氏をゲットしました。


その彼が今の旦那さんです!


私が大学内で彼氏ができたちょっとしたコツを、
本日は書いていきたいと思います!

出会いがないは思い込み??ご縁は意外と近くにあるのかもしれない!

そう感じたのは、ちょっとした体験がキッカケでした。

いつもたわいもない話で盛り上がる、同じゼミ生の男友達が、
たまたまバイクで大学に来ていたある日。


私の大学は駅までバスで20分程離れており、
放課後にアルバイトを控えていた私は、
授業後すぐにバス停に向かいました。


そこを通りかかった男友達。
「よかったらバイク乗っていく?」と声をかけてくれ、
「ありがたい!」という気持ちですぐに承諾。


お互い恋人がいなかったので、二人乗りをしていても、
別に後ろめたい気持ちなどはないので、すぐ男友達について行きました。


初めてバイクの後ろに乗る私は、少し緊張。
その様子を見て、「しっかりつかまっとけよ〜」と声をかけてくれました。


友達の肩につかまり、いつもよりだいぶ近くで声を聞いた時、
「意外と優しい面があるな・・!」と感じたのが、正直な私の気持ちです。


ただ、もちろんこれだけでは、恋愛感情は起きません!
ここで気づいたのは、普段「友達」と思っていた人でも、
良い意味で意外とカッコイイ一面を持っているかもしれない、ということ。


出会って何ヶ月も一緒に居ると「この人はこうだから」ってキャラや性格で判断して、
そういうフィルターで接していたんだなと、反省と発見がありました。


そのことから、「もしかしたら、良いなと思う男性って、意外と近くにいるのかもしれない」
と思い始めたのが、私の次の恋愛が始まるキッカケになりました。

良い部分を見るって、心が安定する!友達が一気に増えた大学1年の後期

今までの私は「出会いがない」と言って、他大学の合コンに参加したり、
アルバイト先の友達から良い人を紹介してもらったりと、
とにかく外に目が行っていました。


しかしこの前のバイク男友達がキッカケで、
毎日一緒に過ごす大学内の男友達の良い面も見ようと心がけました。


無理矢理探すというのではなく、他の子と話している時に、
なんとなく客観的に見たりして、人間観察をする感じです。


そうしていくうちに、
やっぱり人間ってみんな素敵な面を持っているのですね、
色んな発見がありました。


更にミラクルなことに、素敵な面を発見すると、
なぜかその友達も私に好意(人間として)を抱いてくれるので、
飲み会や遊びに誘ってくれる機会が増えました!


今までは自分から「紹介して〜!」と外の世界に行っていたのに、
今では友達が友達の世界に連れて行ってくれる・・


しかも友達が私の良い面を、その場の人に紹介してくれるので、
すぐに馴染めて一石二鳥!


3か月程で一気に新しい友達が増えました。
そして「出会いがない」と不満な気持ちで過ごすより、
ポジティブな気持ちで毎日が過ごせ、心が安定していた気もします。

冒頭に述べた今の旦那さんは、実はココで出会っています!

大学内恋愛で結婚した人は多数!

今私は大学を卒業して6年が経ちます。
ちょうど結婚年齢的には適齢期を迎えており、
周囲の友人達も結婚出産ラッシュです。


そこで発見したのが、
ほとんどの友人が大学からのお付合いでゴールインしている、
ということ。
しかも同じ大学内です。


更に面白いなと思ったのが、現役時代は普通の友人であったのに、
卒業後に付き合い始めて結婚した、というカップルも複数名、私の周りにいます。


やっぱり普段の大学生活を一緒に過ごすことで、
絆が生まれやすいのでしょうか。


また共通の友人がいるということも、卒業後の強みになりました。
もう結婚式は、ちょっとした同窓会ですね(笑)。

まとめ

1 出会いがないは思い込み!ご縁は意外と近くにある!

2 周囲の良い面に目を向けることを意識してみる。

3 大学内恋愛で結婚した人は多数!


この経験から私が感じたことは、
「つい外の世界に目を向けがちだけれども、実は自分の周りにも良い人がいるかもしれないよ」
ということ。


これは恋愛に限った話ではないです。


「良い人いないかな〜」が口癖になっている方、
ぜひ少しだけ考え方や見方を変えてみてくださいね。


素敵なキャンパスライフを送れること、応援してます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも、ショータ代表です。

僕は、大学1年の途中まではつまらなくて辛い日々を過ごしていました。

コミュ障でいじめられる。

女子と話したくても話せない。

滑舌が悪いし、早口になる。

それでもいじめられる。

だから、どんどん自信をなくしていきました。

自分なんて、もう普通の生活は送れないんだ!

と思っていました。

そんな僕でしたが、今では超絶自信を持つようになっています。

大学生活が楽しいし、毎日が幸せです。

大学生活に絶望していた僕が、どうやって自信をつけるようになったのか?

それをこちらの記事で詳しく説明しています。

ショータ代表の成長物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました