大学生の片思いって辛い・・・ 結婚した今だから思う、恋する女子大生に伝えたいこと

恋愛 for 女子大学生

片思いと聞くと、どんなことを思い浮かべるでしょうか??


「幸せ」「楽しい」「切ない」・・
様々な感情が想像できるかと思います。


私はというと、今でこそ「楽しそう」と思えますが、
片思いをしている最中は、全くそんなことは思えませんでした!


最初はちょっとした言動に一喜一憂して・・
うまく行ったかと思えば、あれ?もしかして私には興味ないのかな?
別の子のことが好きなのではないのかな?


SNSのこの投稿、女の子と一緒なのかな?・・と、
どんどんネガティブなループにハマって行きました。


今思うと、なかなか彼氏のできない、典型的な片思い体質だったのかもしれません。
そんな過去の自分に、結婚した今だからこそ伝えたい気持ちを、
今日は書いていこうと思います!

一途だけが正解ではない。無理かもと感じたら少し視野を広げてみる!

なぜか「一途な女の子は素敵」だと思っていた私。
浮気や二股、目移りなんてもってのほか!そんなことを思っていました。


「思い続けたらきっといつか報われる!」、
もちろん片思いの末、結ばれて幸せになっているカップルも沢山います。


でもここでお伝えしたいのは、そんなに固執しなくてもいいんだよということ。


変に真面目で一直線だった私は、
好きな人ができると、とにかく追うタイプでした。


もちろん自分が納得いくまでトライしてみるのは素晴らしい。
けれども結果的に自分が苦しくなるようでは、せっかくの学生生活が勿体無いです!


1日だけ、一週間だけでもいいから、他の男性にも目を向けてみたら、
もしかすると世界が広がったかもしれません。


実は卒業してから、とある男友達に
「実は好きだった」と言われたことがありました。


周囲の友達はみんな勘づくくらいのアピールだったのに、
片思いに必死だった私は、全く気がつかなかったのです。


あの時に少し視野を広げて「他にもいい人がいるかもしれない」と思えば、
また違ったキャンパスライフがあったのかなと思います。

片思いを利用して、思いっきり綺麗になる!

四六時中好きな人で頭がいっぱい。
でも考えることはネガティブなことばかり・・・
けれどもそれは勿体無い!


今でも周りで恋している友人は、とっても綺麗で羨ましくなる程。
特に片思い中は「振り向いて欲しい!」と頭も心も思っているので、
本当に綺麗になれる期間だったなと思います。


私が次にそういう気持ちになったら
挑戦したいと思っているのは、トレーニングです。


なかなか運動の習慣がない私は、ついストレッチもサボりがち。
でも「好きな人のためなら!」きっと毎日頑張って、
習慣にもしやすいのかと思います。


運動だけではなく、料理やメイクの研究、ファッションセンスを磨くなど、
何か新しいことにチャレンジできるのも、この片思い期間ならでは。


ネガティブな気持ちは趣味にぶつける!
そんな気持ちで行動できる女性って素敵だなと思います!

それでも辛かったら・・自分の感情を浄化させる!

私がやっていたことは、ノートに気持ちを書きまくる!ということでした。


女子会で友達に話を聞いてもらうのも良かったのですが、
とにかくネガティブなループにハマる私は、ずっと話を聞いてもらうのも、
なんだか申し訳なくなってしまって、結局自分自身で吐き出すしかありませんでした。


でも書くことで気持ちの整理がつきますし、少し前向きになれます。


あとは恋愛や片思いの曲もたくさん聞きました!
なかなか相手に伝わらない想いを、アーティストが代弁してくれているような感じで、
とても心強かったのを覚えています。

まとめ

1 無理と感じたら視野を広げてみる
2 思いっきり綺麗になる!
3 自分の感情を浄化させる

今だからこそ感じることは、
学生時代に片思いを経験して良かったと心から感じています。


なかなか思いが伝わらない、願いが叶わない・・
そんな辛い経験をしておくと、
身近で同じ思いをしている人の気持ちが、痛いほど分かるんですよね。


きっと私なら、その人にかけてあげる言葉は他の人とは違うはずです。


そして社会人になって、年を重ねるごとに、片思いや恋愛が少し怖くなります。
もちろん全員ではありませんが、結婚のことを考えたり、
周りからの目が気になったり・・


なかなか片思いって、挑戦しにくいのです。


なので学生のうちにそんな経験ができるのは、今後の財産ではないかなと思います。
今は実らない思いにモヤモヤしているかもしれませんが、
いつかきっと素敵な思い出になることは間違えないですよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも、ショータ代表です。

僕は、大学1年の途中まではつまらなくて辛い日々を過ごしていました。

コミュ障でいじめられる。

女子と話したくても話せない。

滑舌が悪いし、早口になる。

それでもいじめられる。

だから、どんどん自信をなくしていきました。

自分なんて、もう普通の生活は送れないんだ!

と思っていました。

そんな僕でしたが、今では超絶自信を持つようになっています。

大学生活が楽しいし、毎日が幸せです。

大学生活に絶望していた僕が、どうやって自信をつけるようになったのか?

それをこちらの記事で詳しく説明しています。

ショータ代表の成長物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました