留学を反対されている人必見!! 気になる、親を説得する方法!!

留学

大学生の間に1度は留学してみたい
という方も多いのではないでしょうか?


海外生活を体験してみたい。
英語力をアップしたい。
就職に役立つかも。
様々な理由があると思います。

しかし、親に反対されることも多いですよね(^^;


私も大学の1年の協定留学に行きたかったのですが、
両親に猛反対をされてしまいました(^^;
説得するのにめっちゃ苦労しました。

今回は、留学に行きたいけど親に反対されている方向けに
「留学のメリット」「説得のコツ」を中心にご紹介します(^^)


どうしても留学が諦められない方、必見の内容です!

何で反対されるの? 説得のコツは?

親が留学を反対する理由は主に以下が考えられます。

・金銭的に余裕がない
・事故や事件に巻き込まれないか心配

私は圧倒的に前者の理由で反対されていました。


実は、元々両親は留学に前向きだったんです。
というか、口先だけで言っていると思われており、
そこまで本気にされていませんでした。


しかし、本気だった私は、
希望していた1年の協定留学で必要なIELTSの資格を3度も受験。


3度目にやっと基準の点数を超えることが出来たんです!


「後は、大学で申し込むだけ!」という段階で、
改めて両親に留学の話をしました。


その時に衝撃の一言を言われたんです。


「私この大学に留学行きたい」と言った私に両親が
「えっ!? 本気だったの? そんなお金そもそもないから無理だよ」
と言ってきたんです。


私の頭の中は真っ白になってしまいました。
留学に行くために1年近くかけて、英語の勉強をしてきたのに、、、
と涙が止まりませんでした。


しかし、よく考えてみると、
奨学金を2種類も借りながら大学に通っていた私の家には
留学費を払う余裕なんてさらさら無かったのです。


両親からの猛反対により、
大学の留学センターで泣きながら留学の申請を断ったことは
今でも忘れません(^^;


しかし、家計の事情はどうすることが出来ないのが現状です。


私の場合、「じゃあ、自分でお金を貯めてやる!」
と謎のエネルギーが沸き、
すぐに3つ目のアルバイトを始めました。


結果、1年近くかけ資金を貯めることに成功。
たった1か月でしたが、
念願の留学を叶えることが出来ました。


資金の問題はある程度、
自分で解決することができます!


どうしても留学に行きたいけど、金銭面で反対されている方は、
アルバイトの掛け持ちを考えてみてはいかがでしょうか。


自分の稼いだ資金で留学が出来ることを証明すれば、
両親が反対する理由も無くなりますよ!


働いている間は本当につらいけど、
自分のお金で留学を実現できた時の達成感は
言葉では言い表せないくらい大きいですよ(^^)

事故や事件に巻き込まれるのが心配で
反対してくる親も多いのではないでしょうか。


留学先によっては銃社会の国もあるため、
治安が悪いのではと心配になってしまうものです。
何かあったときに1人で解決できるのかも
親にとっては心配ですよね💦


私はカナダのバンクーバーに留学していたのですが、
留学する約1か月前に、
カナダで日本人留学生殺害事件が発生したんです。


その時は、さすがに両親に留学を止められました(笑)


しかし、結果私は事件や事故に一切巻き込まれず、
無時帰国することが出来ています。


何故なら、事前に現地の治安情報を
念入りに調べていたからです。


海外はホームレスや薬物中毒者が密集しているエリアが必ず存在します。


そこは主に「自己責任エリア」とされていて、
事件に巻き込まれても
自分で足を踏み込んだから仕方がないとされています。


知らず知らずのうちに足を踏み入れないためにも、
事前のリサーチは大切です。


また、防犯対策もしっかりとしていきましょう。
基本的に日本人はお金持ちという印象がもたれやすく
ターゲットになりやすいです。


だからこそ、目立つような服装は控えましょう。


私は、日本ではほとんどズボンをはかないのですが、
カナダではTシャツにジーパン、リュックサックと
簡素な格好をしていました。


このように、事前の治安リサーチ、
現地での防犯対策をしっかりと両親にアピールしておくことで、
留学を許可してもらえます!


念入りにリサーチをして両親を納得させましょう。
また、留学期間中は、1日に1回は連絡をしてあげることで、
両親を安心させてあげることができますよ(^^)

留学は結構メリットがある!!

親の説得に心が折れかかっている人も多いのではないでしょうか(^^;


ここで、諦めてしまってはもったいないです!
留学をするメリットって本当に沢山あるんですよ!


主に以下が考えられます。

・語学力が向上
・視野が広がる

語学力がアップするのは留学をする一番のメリットです。


将来英語を使って仕事をしたい!
海外で活躍できる人材になりたい!
と思っている方も多いのではないでしょうか。


留学は、その目標を叶えるための最適な手段と言えるでしょう。
実際、私も留学をしたことで
スピーキング力とリスニング力を伸ばすことが出来ました。


TOEICの点数では200点近くアップすることが出来ました。
「たった1か月の留学で本当に英語を話せるようになるの?」
「すぐにTOEICの点数が上がるの?」
と思った方も多いのではないでしょうか。


事実、1か月の留学で英語力を劇的に向上させることは難しいです。
正直「1か月留学行ったけど、全然英語話せるようにならなかった」
と言っている友達も多いです。


では、英語力が伸びる人とそうでない人の違いは何でしょうか。


大切なことは「留学前に、どのくらい英語を勉強できるか」です。
一般的に留学中に耳が慣れるまで1か月程度、
話せるようになるまで2、3か月かかると言われています。


1か月の留学で話せるようになるには、
耳が慣れるまでの時間を出来るだけ短くする必要があるのです。


私が実践していたことは、
「Youtubeで英会話の動画を見ること」
「学校の無料英会話教室に通い詰めること」です。


寝る前や通学中はとにかく動画を見まくりました。
オススメはバイリンガールChikaさんの動画です。


日常会話から海外の生活まで幅広く紹介されているので、
現地での生活を想像しやすいです。


現地のグルメや観光名所を見ていると、
留学に行きたい意欲がますます湧いてきます!


この動画のお陰でアルバイトを頑張れた
といっても過言ではありません(^^)


大学に無料英会話教室がある場合は、
利用しない手はないですよ!


ネイティブの先生と直接コミュニケーションをとることが出来るので、
リスニング力だけでなく、
スピーキング力も身に付けることができます。


また、間違った表現はその場で指摘してもらえるので、
現地でもスムーズに意思疎通をとることができますよ!


とにかく、ネイティブの人との会話に慣れることが一番大切です。
初めての留学では、
現地の人を見ただけで委縮してしまうことも少なくありません。


ネイティブの人に慣れておくことで、
積極的にコミュニケーションをとることが出来るのです(^^)


私は、週2、3回、大学の英会話教室に通っていました。
初めは、ほとんど話せないし、先生に呆れられているんだろうな、、、
と思いながら通っていました(^^;


しかし、徐々に先生が言っていることも理解でいるようになり、
私自身もゆっくりと話せるまでに成長していました。


留学間近になると、
緊張することなく会話を楽しめるまでレベルアップしていました!


その甲斐もあり、カナダでは、
初日からある程度のコミュニケーションをとることが出来ました。


また日本人が少ない、
上のクラスに入ることが出来ました(^^)
事前の準備をしておけば、
1か月でも十分英語力を伸ばすことが出来るのです!


また、最初に入るクラスのレベルも重要です。
日本人は、読み書きは出来るけれど話せない人が多いため、
平均か少し下のクラスからスタートする場合が多いです。


日本人が多いクラスに入ってしまうと、
どうしても日本語を使ってしまうものです。


1年留学ならまだしも、1か月の留学では勿体ないです(^^;
留学期間が短い場合は、
出来るだけ上のクラスに入れるよう事前に勉強していきましょう!

視野を広げることが出来るのも、留学をするメリットの1つです。
私自身も留学をして、めっちゃ視野が広がりました。


元々、私は消極的で自分に自信がないタイプでした。
目立つよりも誰かの陰に隠れて大人しく暮らしたいと考える、
超保守的なタイプだったんです。


しかし、留学先である人と出会ったことをきっかけに
私は大きく変わることが出来ました。


その人は、同じクラスのブラジル出身のおじいさんでした。
年齢は60代。
クラスで最年長のおじいさんがなんで留学に来たのか気になって、
聞いてみました。


すると彼は「将来日本でセラピストとしてお店を出したいんだ」と
夢を熱く語ってくれたんです。


彼は、昔日本を訪れた際、
日本人の優しさに心を打たれたそう。


恩返しをしたいと、留学を決心したそうです。
「何で日本語を勉強しないんだろ(笑)」と思った方も多いと思います。
勿論私も思いました(笑)


しかし、それ以上に、この年になっても夢を持ち続け、
アクティブに行動する姿にとても心を打たれたんです。
私もこういう大人になりたい! と強く思いました。


この人に出会って以来、消極的な性格は一変しました。
やりたいことは貪欲に挑戦するアクティブな性格に変わりました。


現に、元々大手企業に入社し、
穏やかな生活を送りたいと考えていた私が選んだのはベンチャー企業。
新規事業を立ち上げ、会社を大きくしたいと意気込むほど、
考え方が変わりました。


留学先では、日本では出会うことのできない人に
出会うことができます。


そこで受けた刺激は、
あなたの人生に大きく影響してきます。


そういった点でも、
留学はあなたにとってメリットが大きいですよ(^^)

留学に行く前に最低限しておくこと!

留学に行く前に最低限しておいた方が良いことがあります。
主に以下が挙げられます。

・クレジットカードを作る
・日本について英語で説明できるようになる

留学にはクレジットカードが必須です。
持っていない方は早めに用意しておきましょう。


現金だけで大丈夫! ということはありません。
盗難やスリの被害が多い海外では、
出来るだけ現金を持ち歩かない方が良いでしょう。


私も留学をするタイミングでクレジットカードデビューをしました。
勿論現金も持って行ったのですが、
現地では圧倒的にクレジットカードを使う機会が多かったです。


チップは現金で払っていました(^^)


また、クレジットカードの枚数は最低2枚以上ある方が良いでしょう。
1枚だけだと、万が一破損や紛失してしまった場合、
支払いができなくなってしまいます。


リスク回避のためにも2枚持っていくことをオススメします。
私は「VISA」と「Master Card」を持っていきました。


国際シェアが高いカードなので、
どの国でも安心して利用することができますよ!


国内ではJCBも多く利用されていますが、海外シェアは低いです。
しかしJCBプラザと言って、
JCB加盟店の予約や問い合わせを日本語で受けることが出来る
便利なサービスもあります。


現地で困った際にこのようなサービスを利用したい方は、
JCBのカードを作るのも良いでしょう。


しかし、事前に利用可能な国を調べておく必要があります。
クレジットカードは発行から手元の届くまで時間が掛かることも多いです。


購入するクレジットカードが決まったら、
すぐに申し込みをしましょう!


できれば2か月前には申請をしておくことをオススメします。
私は、渡航日の1か月前から、クレジットカードを探し始めました。


しかし、1週間待っても、2週間待っても
クレジットカードが届きませんでした。


電話で事情を説明し、
優先的に発行してもらえたため間に合わせることが出来ました。


調べてみると、クレジットカードは
発行から届くまで2週間~1か月以上かかるらしいです(笑)


私のようにならないためにも、
クレジットカードは早めに申請しましょう!

日本について英語で説明できるようになっておくことも、
最低限しておいた方が良いでしょう。


海外の人は、自国の文化に詳しい人が多いです。
質問したらほとんどの人が答えてくれます。


しかし、日本人は案外自国の文化を知らないものです。
質問されたら答えられるように、事前にリサーチをしておきましょう。


ちなみに私は「どうして日本人の店員は、間違ったことをしていなくても謝るの」
「日本人男性と女性の地位は同等なの」と突っ込んだ質問をされました(笑)


文化だけでなく政治についてもある程度理解しておいた方が良いでしょう。
日本の文化に興味をもってくれる人は沢山います。


英語で説明することができれば、
会話のきっかけを作ることも可能です!
事前リサーチをして、上手く会話のきっかけを作りましょう(^^)

まとめ

今回は「留学をしたいけれど、親に反対されている方」向けに
「留学のメリット」「説得のコツ」を中心にご紹介しました!

ここで復習をしましょう。

反対される理由・説得のコツ


・金銭的に余裕がない

→アルバイトを掛け持ちし、資金を貯めよう!


・事故や事件に巻き込まれないか心配

→治安を事前リサーチ! 親を安心させてあげよう

留学のメリット

・語学力が向上
・視野が広がる

留学へ行く前に最低限しておくこと

・クレジットカードを作る
・日本について英語で説明できるようになる

留学は親が心配してしまうのも無理はありません。
しかし、そこで諦めてしまうのは勿体ないです!


留学は視野が広がり、
語学力も向上するため沢山のメリットがあります。


どうしても実現したい方は、アルバイトをして資金を貯めたり、
治安をリサーチしてみたりと行動で熱意を示しましょう。
あなたの真剣な気持ちはきっと両親に届きますよ(^^)


ぜひ、留学を実現してくださいね!

(関連記事)

大学生におススメの旅行先は ズバリ海外!! 実は国内旅行より安いかも!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも、ショータ代表です。

僕は、大学1年の途中まではつまらなくて辛い日々を過ごしていました。

コミュ障でいじめられる。

女子と話したくても話せない。

滑舌が悪いし、早口になる。

それでもいじめられる。

だから、どんどん自信をなくしていきました。

自分なんて、もう普通の生活は送れないんだ!

と思っていました。

そんな僕でしたが、今では超絶自信を持つようになっています。

大学生活が楽しいし、毎日が幸せです。

大学生活に絶望していた僕が、どうやって自信をつけるようになったのか?

それをこちらの記事で詳しく説明しています。

ショータ代表の自己紹介

コメント

  1. […] 留学を反対されている人必見!! 気になる、親を説得する方法!! […]

タイトルとURLをコピーしました