知らなきゃドボン!付き合う前の映画デートの作品選びにひそむ落とし穴

恋愛 for 女子大学生

「気になる人と映画デートしたい!
 映画の後のごはんでも話題に困らなさそうだし!
 どの映画が面白そうかな?」
と、今から見る映画を探すあなたにアドバイスがあります。

映画の内容はしっかりリサーチした方が良いですよ。
特に、PVだけ見て「明るくて楽しそう!」
と判断して映画を決めるのは危険です。


PVは映画の中身をねじ曲げていることがありますからね。

私も旦那さんとお付き合いする前、
初めてのデートで映画館に行きました。


見たのがもしイマイチな作品だったら、
結婚していなかった可能性すらあると思います。

この記事を見てくれているあなたは、
映画デートにおける作品選びの重要性を分かってくれていると思います。


その勘をさらに働かせて事前に調査をして、
楽しい映画デートにしましょう。

特に恋愛映画ですが、明快なハッピーエンドじゃない場合、
映画の後の食事で気まずくなりますよ。

例えば、次のような映画は要注意です。

LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)あらすじ

「ラ・ラ・ランド」本予告

女優の夢を目指してバイトとオーディションを頑張るも、
失敗続きのミア(エマ・ストーン)。


「いつか自分のジャズの店を持つ」という夢があるが、
客先とトラブルを起こしてばかりのピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)。


2人は惹かれあい、お付き合いすることになります。

恋で毎日が楽しくなる2人。
さらにミアはセブのアドバイスのおかげで、
少しずつ夢への道が見えてきます。

一方セブは、「ミアのため」と自分のポリシーを捨て、
乗り気でない仕事を引き受けます。


これをきっかけに、2人はすれ違い始めます…

作品の見どころ

あなたは夢を追いかけていますか?

「LA LA LAND」は恋する2人を通して、夢に近づく喜び、
苦難と葛藤を描いたミュージカルです。

この作品の一番の見どころは、
デイミアン・チャゼル監督による巧みな脚本です。

「夢に近づく喜び、苦難と葛藤」と文字で読むと、
「ハイハイ。よくある話ね」と思うかもしれません。


しかし、このよくあるテーマは、
鬼才デイミアン・チャゼルの手にかかれば忘れられないストーリーになります。

私も初めてみた時、中盤あたりで
「お付き合いするまでが結構長くて少し退屈だな。
噂の天才監督もこんなもんか」と思っていました。


それが見終わったときには、

「無駄なシーンなんかひとつもなかった。監督はやっぱり天才だわ…」
と全面降伏でした。

エンディングでは泣きすぎて、
ひざの上に置いたカバンに水たまりが出来たほどでした。

なぜ私の心にこれほどのインパクトを与えたか?


それは、エンディングに至るまでのストーリー、
そして演出と音楽の力によるものです。


だから、言葉で説明することは出来ません。

付き合う前のデートにはおススメしない理由

私が本当に大好きな「LA LA LAND」ですが、
付き合う前のデートだったら避けるのが無難です。

理由は、エンディングのとらえ方に個人差があることです。


前向きととらえる人と後ろ向きにとらえる人が
おそらく3:7くらいだと思います。

私の友達なんてラスト数分に対してブチギレでしたよ。

私も友達が怒る理由は分かっています。
でも、私は俳優の表情から、前向きな気持ちを受け取りましたけどね。

まだお付き合いしていない人と映画の後で一緒にごはんを食べるなら、
私なら絶対に明るく楽しい気分で食べたいです。


なのに、これからお付き合いするかもしれない2人が見る
恋愛映画のエンディングが難しいなんて…
盛り上がるものも盛り上がりませんよ。

よって、このような作品はかなりリスキーと言えます。

まとめ

付き合う前の映画デートの作品選びは慎重にいきましょう!


特に恋愛映画ですが、分かりやすいハッピーエンドじゃない場合、
その後のごはんが気まずくなります。

友人の中に既にその映画を見たことがある人がいれば、
「付き合う前のデートでも楽しめそう? 後味悪くなかった?」
と聞くのがおススメです。

知らなきゃドボン!付き合う前の映画デートの作品選びにひそむ落とし穴 その2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも、ショータ代表です。

僕は、大学1年の途中まではつまらなくて辛い日々を過ごしていました。

コミュ障でいじめられる。

女子と話したくても話せない。

滑舌が悪いし、早口になる。

それでもいじめられる。

だから、どんどん自信をなくしていきました。

自分なんて、もう普通の生活は送れないんだ!

と思っていました。

そんな僕でしたが、今では超絶自信を持つようになっています。

大学生活が楽しいし、毎日が幸せです。

大学生活に絶望していた僕が、どうやって自信をつけるようになったのか?

それをこちらの記事で詳しく説明しています。

ショータ代表の自己紹介

コメント

  1. […] 知らなきゃドボン!付き合う前の映画デートの作品選びにひそむ落とし穴 […]

タイトルとURLをコピーしました