映画デートでSF映画を見たら、地獄みたいな雰囲気になった話

ショータ代表について

こんにちは、ショータ代表です。


今回は、異性と一緒に見に行く映画の話ですね。
これ、超重要です。


これで本当に痛い目を見ました。
映画選び、完全になめていました。


映画館に女子と行ける。
ヤッホーイ!!って完全に浮かれてましたわ。


これは今までの僕の映画デート史上最悪の思い出です。


だいぶ前になるんですが、
気になっている子に映画に行かないかと誘われました。


もちろんOKしたんですよ。


で、何を見るか決めるじゃないですか。
ただ、その時期ってあんまりいい映画がやっていなかったんですよ。


なんかそういうタイミングってありますよね。


それで、どうしよっかなーって悩んでいると、
相手の方からこれがいいって言われました。


僕は特に見たい映画がなかったんで、それに決めたんですよ。
まあ、向こうが好きな映画なら僕もいっか的なノリですね。


それは、とあるSF映画だったんですよ


AIが崩壊して、暴走をし始める的な。
(聞いただけでヤバそうですよね…)


向こうは好きな俳優さんが出ているから、見たかったそうです。
僕としても、理系だからAIとか分かるし、
まあいっかと思って見ることにしました。


それが、あんなことになるとは…笑。


内容は、普通に面白いんですよ。
一人で見る分には…。


ただ、話が暗い。
人が死にまくるし、深刻な場面ばっか出てくるで、超重苦しいわけです。



notハッピーですよ。
最初から最後まで、スーパー重いわけですね。


これは、まずいなって映画を見ながら直感していました。
だって、AIがぶっ壊れて人を殺し始めますからね


全然ハッピーじゃないんですよ。
血だらけのシーンとか殺されて悲しいシーンとか、
とにかくヤバかったです。


で、映画が終わるじゃないですか。
案の定、会話がないんですよ。
重すぎて…



会話がないんじゃなくて、重すぎて話せませんでした笑。
心にズシーンってきましたから。


なんかすごかったね、
しか話した覚えがありません笑。


完全に見る映画を間違えましたわ。
超後悔です。


いやー、あの失敗から
映画選びが超重要だと学びましたね。


だって、映画のいい所って、
終わった後にゆっくりふたりで感想を話したりできる所じゃないですか。



そこから派生して、いろいろな話をできますよね。
で、そこで仲を深めます。


でも、その時はゆっくり穏やかに話すどころじゃなかったです。
あの雰囲気は、二度と味わいたくないですね。


絶望というものを、久しぶりに味わった瞬間です。


誰かこの雰囲気を変えてくれー。
せめて、もっと言い終わり方にしてくれー!!


これを心のなかで叫びまくっていました。


しかも、その後食事すら行きませんでした。
いつもなら行くわけですよ。
食事して感想しゃべって楽しむわけです。


でも、その日は間接的に断られました。


さらに、帰りの会話も全然弾みませんでした…。
オーマイガーですよ。


電車に揺られて会話をするけど、すぐに収束。
久しぶりに弾まない会話って言うのを体験しました。


あの、シーン…っていう間がものすごく辛いんです。
頭フル回転しても、会話を弾ませられなかったですね。


映画にも、異性とみていいものと
悪いものがあるんだなと痛感しました。



サイトとかTwitterでは見るべき映画とか、
見てはいけない映画とか流れてきましたが、
正直、気にも止めていませんでした。


くっそー、あの時しっかりと見ていればなぁ。


逆に、見て良かったのが、コナンですね
ああいう、だれもが知っているもので、そこまで重くないものがいいです。


コナンは、ちゃんとハッピーエンドで終わりますからね。


しかも、終わってからもおしゃべりしやすいです。
自然な流れで、会話できます。


そう思うと、コナンとかきみの名はとか、天気の子とか、
アニメ系は当たりが多いな。



まあ、そういうのはハッピーエンドで終わってくれるからいいんですね。


というわけで、今回は僕が見て後悔した映画の話でした。
失敗から学べることもあるから、
あのときの失敗をしっかりと学んでおきます。


もうあの地獄のような雰囲気を味わいたくありませんからね笑。


あとは、
ああいう状況でも会話ができる能力をもっとつけないと。


会話の基礎は学びまくったから、なんとかなるけど、
あの状況をひっくり返せるようなトーク術はまだまだです。


トーク術身につけて、どんな状況でもひっくり返せるようにしてやるぜ!


そのためには成長だな。
会話はもう大丈夫だって思っていたけど、まだまだ未熟でした。


ってことは、もっと学べば成長できるっていうこと。


なら、もっと学びまくって好きな人を幸せにできるようにしていくぜ!
それと、映画選びも注意しよーっと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、ショータ代表です。

昔はひねくれていて、自信が無くて、素直になれなくて、

人生つまらなくて、彼女なんてできない状態でした。

本心から友達と言える人が誰一人いませんでした。

どうしてショータ代表はそんな風に育ってしまったのか?

どのようにショータ代表は変わっていったのか。

それは、こちらのレポートに隠されています。

僕の人生の全てをここに書き記しました。

どうして友達も彼女もできなかったのか?

それをこのレポートで確認してください。

ショータ代表の人生レポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました