したいことが見つからない大学生の方へ! 簡単に夢中が見つかる4つの方法

就活

「大学生になったけどやりたいことが見つからない」
「もうすぐ就活だけれど何がしたいか分からない」
という方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、高校生は時間割や部活など、
ある程度縛られた生活をしていました。


大学生で急に自由になってもどうすればいいの?
って思いますね(^^;。

私も初めの頃は、何がしたいのか分からずに
ぼーっとした生活を送っていました。


しかし、就活をしてみて後悔をしたことがあります。


それは「もっと色々な経験をしておけばよかった」
「もっと早いうちから進路のことを考えておけばよかった」
ということです。


というのも、同じ内定者の方は学生時代に起業経験があったり、
プログラミングを極めていたりと
スキルや能力が高い人がとても多かったからです。


私にはそんな強みもスキルも何もない、、、と
今更ながら後悔してしまいました。。

私と同じ後悔はしてほしくない! ということで
今回は、大学生になったけどしたいことが見つからないあなたへ
「したい!を見つける方法」を中心にご紹介します(^^)

大学生になったばかりで不安な方、就活を控えているかた必見です!

何故したいことが見つからないんだろう?

したいことを見つけるためには、まずは原因を理解する必要があります。
したいことが見つからない原因は主に以下が考えられます。

・周囲の期待に応えようと生きてきた
・親と対等な関係ではない
・自分に自信がない

「周囲の期待に応えようと生きてきた」というのは
高学歴の方に当てはまることが多いと思います。


私も高校までは県内でトップクラスの学校に通っていました。
というのも、幼い頃から
とにかく両親の目を気にしながら生きてきたからです。


特に母親の「あなたは自慢の子供」「将来が楽しみ」
という言葉にプレッシャーを感じていました。


勉強をするのもレベルの高い高校に行くのも
すべて母を喜ばすため。
それ以上の理由はありませんでした。


それが一番の幸せだったからです。


しかし、私は大学受験で大失敗をしてしまいました。
第一志望の国公立大学、私立大学ともに不合格。
残されたのは、滑り止めで受けていた
レベルが遥かに低い私立大学でした。


その瞬間母は私に期待をしなくなりました。
母からのプレッシャーから解放されたと同時に、
これから何の目標に向かって
生きていけばいいのか分からなくなりました。


私と同じように、
「両親から過度な期待をされて生きてきた方」
「両親と対等な関係ではない方」は、

そのプレッシャーから解放されたとき、
自分は何がしたかったのか分からなくなる傾向があります。

また、自分に自信がない方も
何がしたいのか分からなくなる傾向にあります。
自分に自信がないということは、
周りと比べてしまっている証拠。


私も元々は人目ばかり気にしていて自信がありませんでした。
挑戦したかった学級代表や生徒会の会長も
「私なんかより○○の方が人気あるし、、、」と諦めていました。


今になって、あの時挑戦していなかったことを
凄く後悔しています(笑)


自分に自信がなく周りと比べてしまう性格の方は、
知らず知らずのうちに「やりたいことを見つける機会」を
逃しているかもしれません。

幼い頃の両親や周りの人の影響って意外と受けているものです(^^)
まずは、自分がどのタイプの人間か、
なんでやりたいことが見つからないのかを考えてみることがとても大切です。


「私なんて、、、」と自信がないと感じるのはなぜなのか。
親の影響か友達の影響か。
その原因を考えるだけで漠然とした不安を解消することができます。


原因を突き止めたらあとは行動を起こすだけ! 
次は具体的な解決策をご紹介します(^^)

したいことを見つける方法4選!

したいことを見つけるためには
実際に経験しておく必要があります。


しかし、すぐに行動に起こせるかって言ったら
結構難しいですよね(^^;


そこで「したいことを見つける!」「行動に移す」ための
具体的な方法をご紹介します!

・どんなことでもいいから何か始める
・色々な人と仲良くなる
・様々な業界に触れてみる
・適性診断を受けてみる

「どんなことでいいから始める」

これは趣味でもアルバイトでもサークルでもなんでも大丈夫です!
何か新しいことを始めて視野を広げてみましょう(^^)
個人的には留学がオススメです。


留学って結構ハイレベル💦って思いますよね(笑)
私も初海外が1か月の留学だったので結構緊張していました。


現地のコミュニティに入れるかな。
そもそも1人で生きていけるのかな。とめっちゃ不安でした。


しかし、結果この留学を通して英語力も内面も
劇的に成長することが出来たんです。


英語力に関してはネイティブの方と緊張せずに
コミュニケーションをとれるまで成長しました。


それがきっかけで帰国後には、
ゲストハウスで英語を使ってアルバイトを始めてみたり。


内面に関しては
「自分で考える力」「自信をもって発言する力」を身につけました。


先ほどもお話ししたように私は自分に自信はないし、
人目をめっちゃ気にするタイプだったんです。


語学学校入学当初もその癖は抜けませんでした。


しかしそんな私を変える大きな出来事が起こったんです。
ある日、ディスカッションの授業でトルコ人の男性とペアになりました。


その子は自分に自信たっぷりで、
結構な勢いで意見をぶつけてきたんです。


私は「日本人の私の意見なんて聞いてくれるのかな。。。」
と思ってしまい相槌を打ち、共感することしかできませんでした。


すると「あなたって何も考えていないんだね」と
突然相手にされなくなったんです。
仲間に入れてもらえなくなった私は数日間孤独を味わいました。


そこから「自分が変わらないと相手にされない!」と
気持ちを奮い立たせました。
そして常に自分はどう思うのかを自問自答を繰り返しました。


ディスカッションの授業では、日本人の価値観を自信をもって
相手にぶつけるよう心掛けました。


すると、「日本人である私の意見が面白い」と
自然にコミュニティに入れてもらえるようになったんです。


相手の顔色を窺わず、自分らしくいていいんだ!と
私自身も気が付くことが出来ました。


留学って語学力も身につくし、主体性や考える力、発信力まで
身につけることができます。


変わらざるを得ない状況に自分を追い込んでみるのもありですよ!


もちろん最初はホームシックになるし、
帰りたいとホストマザーに泣きついたこともあります(笑)
しかし、留学経験を経て自分を大きく変えることが出来ました!


「自分に自信がない」「何から始めたらいいか分からない」方は
思い切って留学にチャレンジしてみるのも1つの手です。
特にフィリピン留学は日本人も多いので安心できますよ。


私のように、日本人がいない環境で自己成長したい方は
カナダやアメリカで平均年齢が高い学校を
選ぶことをオススメします(^^)

「色々な人と仲良くなる」

これは自分の視野を広げるための一番効率的な方法です。
大学の友達でも、アルバイトの先輩でも大丈夫です。
人脈を広げ、さまざまな考えに触れることで
「やりたいことを見つけるきっかけ」に出会う確率を上げることができます。


私は元々ある学生団体で総務部に所属していました。
メンバーの名刺を作ったり、交通費を管理したりと
裏方の仕事をメインに活動していました。


そんなある日、たまたま広報部で
団体活動の宣伝チラシを作る手伝いをしたんです。


そこで出会った同期の子とめっちゃ仲良くなって
二人で食事に行ったときに
「Twitterで団体の宣伝を手伝ってくれない?」と相談されました。


「なんか楽しそう!!」と思った私は
数か月間Twitterの広報部長として活動しました。


写真や動画編集にこだわり、いいねやリツイートが多かった日は
とてもテンションが上がりました。


「発信するってめっちゃ楽しい!」と心からそう思いました。
それから2年後、私は広告制作会社の内定を頂くことになるとは
夢にも思っていませんでした。


もしあの時、広報部の同期の子と仲良くなっていなかったら、
写真や動画編集の楽しさ・発信することの面白さに気づいていなかったかもしれません。


「あなたがやりたい!」と思うことって意外と周りにあふれていることが多いです。
自分から何か始めることが苦手な方は、
とにかく人脈だけは大切にしてください。


先輩、同期、後輩誰がチャンスを与えてくれるか分かりません。
しかし、コミュニティを広げておくことでチャンスを得る確率を何倍も上げることが出来るのです!

「様々な業界に触れてみる」

これは就活を間近に控えている方にオススメの方法です。
就活間近に趣味や新しいことを始めるのは難しいですよね(^^;


そんな方は、OB訪問や会社説明会など、
とにかく社会人の方と接点を作ることで効率的に将来やりたいことを見極めることができます!


イメージとしては「これは絶対いや」という仕事を見極める感じです。
絶対これがやりたい! というのはとても見つけづらいです。


一方でこれだけはしたくない! というのは案外すぐに判断できるものです。
就活において、やりたくない仕事を見極めることで、
必然的に将来やりたい仕事に近づけることが出来るのです。


そのためには、どの業界がどのような仕事をしているのか知る必要があります。
だからこそ、早いうちに会社説明会やインターンに参加しておくことをオススメします!


私も就活当初は、自分が何がしたいのか分かりませんでした。
そのため、3年生の夏ごろから本格的に
インターンに参加していました。


IT業界、コンサル業界、映画業界、マスコミ業界、人材業界、商社、広告業界など
ほぼすべての業界に足を運びました。


そこから、商社やIT業界は全く興味ないと判断することができ、
就活目前にはコンサル、映画、マスコミ、人材、広告まで絞ることが出来ました。


その中でも、誰よりも早く成長したいという目標を掲げていた私は、
この時点で大手ではなくベンチャーに行こうと目標を定めることが出来ました。


「業界全然絞れてないじゃん」と思った方も多いと思います(笑)
しかし、直前まで業界研究をしてこなかった子は何となくで商社やメーカーに流れてしまっているのも事実です。


その中でも、知名度にとらわれ、
倍率が高い面接に苦しんでいる子も多く見受けられます。


面接が進むころには「何で大手を目指していたのか分からない」という子もちらほら出てきます。


だからこそ、早めに動いて、
業界を見極めておくことって凄く大切なんです。

「適性診断を受けてみる」のもしたいことを見つける方法の1つです。
適性診断ではあなたの性格や行動を分析したうえで、
向いている職業や業界を示してくれます。


リクナビやマイナビでは無料で適性診断を受けることができます。


私も、適性診断を通して趣味を見つけることが出来ました(^^)


私は上位にクリエイティブ職やアナウンサーなど、
自分で作る仕事や発信する仕事がランクインしていました。


そこで、2つのことを始めました。


1つが「アナウンススクールに通ってみる」、
2つ目が「動画編集にチャレンジしてみる」ことです。


アナウンススクールは正直通うまでめっちゃ緊張していました(笑)


女同士のギスギスした世界なんじゃないか。。。と
とても心配でした。
しかし通ってみるとみんなめっちゃ美人で性格も良くて、不安は払拭されました。


もともと放送部出身で話すことが好きだったので、
スクールで原稿読みやフリートークの時間が楽しくて
夢中になりました。


そこでは「伝わる話し方」を身に着けることが出来ました。
私は感情を言語化することが凄く苦手なタイプでした。


だらだら話して結局何が言いたいのか分からなくなることが多かったです。
私の感情に相手が付いてこれないこともよくありました。


「あなたが言いたいことは何?」「全然伝わらないんだけど」と
先生にズタボロに言われるほど本当に酷かったんです。


初対面でズタズタに言われ、泣き崩れたのは今でも忘れません(笑)
しかしその先生のお陰で話すことが苦手という弱点を矯正することが出来たんです!


このスキルは面接で非常に役に立ちました!


一方で動画編集に関しては、
「VivaVideo」というアプリを始めました。


このアプリは、音楽を挿入したり、画像に効果をつけたり、
編集がとっても簡単にできてしまいます!


簡単なのに、プロのように仕上がるこのアプリに感動し、
ほぼ毎日友達を連れだして、動画撮影をするほど夢中になってしまいました!


正直私は芸術専門学校に行っているわけでもないし、
自分のクリエイティブ力は皆無だと思っていました。


絵心もないし、音痴と馬鹿にされるし、、、
動画編集なんて出来っこないと思っていました。


しかし、いざ始めてみるとめっちゃ楽しかったんです。


アナウンススクールも動画編集も適性診断を受けていなかったらやっていません。
適性診断がきっかけを作ってくれたと言っても過言ではありません。


やりたいことが見つからない方は適性診断の結果を参考にしてみると
高確率で趣味や夢中になれるものが見つかるかもしれません(^^)

まとめ

今回は「大学生になったけどしたいことが見つからない」
「将来何がしたいのか分からない」方向けにしたいことを
見つける方法をご紹介しました。

ここでもう一度復習しましょう。

やりたいことが見つからない原因は以下が考えられます。

・周囲の期待に応えようと生きてきた
・親と対等な関係ではない
・自分に自信がない

したいことを見つける方法4選!

・どんなことでもいいから何か始める
・色々な人の話を聞く
・様々な業界に触れてみる
・適性診断を受けてみる

大学生って自由だし、何がしたいのか分からないと
不安な気持ちになりますよね(^^;


しかし、意外と自分の周りにきっかけは潜んでいるものです!
行動が苦手な方は人脈を大切にしましょう。


やってみたいことはあるけど自分に出来るのか不安な方は、
一歩踏みだしてみましょう。
一歩踏み出した先には見たことがない世界が広がっているものです。


それを経験することで何倍も何十倍も成長することが出来るのです!
沢山のことに挑戦し悔いのない人生を送ってくださいね(^^)

(関連記事)

大学生必見! 効率重視のTOEIC オススメ参考書&勉強方法!!

やりたいことがない大学生必見!やってよかったこと・やりたかったこと3選

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも、ショータ代表です。

僕は、大学1年の途中まではつまらなくて辛い日々を過ごしていました。

コミュ障でいじめられる。

女子と話したくても話せない。

滑舌が悪いし、早口になる。

それでもいじめられる。

だから、どんどん自信をなくしていきました。

自分なんて、もう普通の生活は送れないんだ!

と思っていました。

そんな僕でしたが、今では超絶自信を持つようになっています。

大学生活が楽しいし、毎日が幸せです。

大学生活に絶望していた僕が、どうやって自信をつけるようになったのか?

それをこちらの記事で詳しく説明しています。

ショータ代表の自己紹介

コメント

  1. […] したいことが見つからない大学生の方へ! 簡単に夢中が見つかる4つの方法 […]

タイトルとURLをコピーしました